更年期障害に対してどのような対策を行えばよいのか、また女性はなぜ更年期障害になるのかについて説明しています。更年期はそもそもいつから入るのかも触れており、更年期という時期そのものに対する理解も深められます。更年期障害の具体的な症状も解説しているので、読者と照らし合わせることも可能です。

更年期障害

更年期障害はなぜ起きる?女性特有の更年期障害とその対策を知っておこう。

投稿日:

更年期障害は女性の方が悩まされやすいことをご存知ですか?女性なら誰にでも起こりうる可能性があるからこそ、更年期障害対策を30代40代のうちから対策することはとても大切。また、更年期障害は人によって程度の差があるもので、すでに初期症状が始まっているのに気が付かないこともあるかも。

そこで、なぜ更年期障害が発生するのか、具体的にどんな対策をすれば更年期障害を乗り越えられるのかを簡単に確認してみよう。できることから始めるだけでも、より健康的な生活を送れるようになるよ。

女性の更年期障害はどうなるの?

①精神的に落ち着かなくなる
更年期障害といえば、イライラしているイメージが強いかも。もちろんそれも間違いではないけど、実は鬱状態になりやすいのも更年期障害の一つ。体内のバランスが崩れてしまうことで、情緒が不安定になりやすい時期が更年期なんだね。

②ほてりやすくなる
血管周りがおかしくなりやすいのも更年期の一つの特徴。別に暑くないのに発汗が酷くなったり、顔が熱くなってしまう方も多いのでは。そんな時は、更年期障害のことを思い返してみよう。こうした状態をホットフラッシュともいうけど、実際に多くの女性を悩ませているれっきとした更年期障害の一つだ。

③食欲不振などの体調不良
今までの食事量よりも確実に食べる量が減っているのは、もしかすると年齢によるものだけではないのかもしれない。消化器官に影響を及ぼすことで、更年期の女性は今まで以上に食が細くなることも多く、それがより栄養不足を招くことも・・・。

女性特有の更年期障害の原因ってなに?

①閉経と女性ホルモン
女性特有の体の変化として、閉経はまず避けられない。ちょうど更年期に入ると女性は多少の差はあれども閉経しはじめ、そこから女性ホルモンが分泌されなくなってしまう。ホルモンバランスは繊細なので、そこから各種更年期障害が発生してもおかしくないね。

②自律神経の乱れ
更年期障害は言ってしまえば、女性ホルモン不足による自律神経の乱れからくるもの。自律神経は生活リズムの乱れなどでも乱れてしまうけど、ホルモンバランスの乱れも影響しがち。これが原因で夜眠れなくなったり、動機が激しくなったりと様々な症状が呼び起こされてしまう。

③ストレス
様々な病気の原因となるストレスだけど、更年期障害も例外ではない。特にこの年代は、子育てや仕事でも色々な悩みを抱えやすい時期だよね。それが原因となってストレスを溜め込んでしまい、元々崩れやすくなったホルモンバランスがより崩れてしまうことも考えられる。

女性はいつから更年期?

①閉経後
一番簡単な考え方は、閉経を基準に考えることだろう。先程も説明したように、閉経することで女性ホルモンが分泌されなくなり各種更年期障害が発生してしまうため、閉経したら更年期に突入したと考えて間違いはない。でも、10年も20年も人によって差が生まれるわけではないので、おおよそ40代になったら更年期になったと考えてよさそうだね。

②老年期との違い
よく勘違いされがちだけど、更年期と老年期は別物。実は更年期の各種症状は老年期、つまり60歳近くになって解消されることも多く、更年期障害は必ずしも一生付き合わなければならない代物ではないんだね。大変かもしれないけど、更年期障害はいつかは終わりが来るものと考えて、腰を据えて対策していくことも大切だよ。

女性が更年期障害になるデメリットって何?

①情緒が不安定になる
やっぱりこれは大きいよね。自分でもよくないと思っていても、気がつけばイライラが募ってしまったり、逆に何をしても落ち込んでしまう悪循環に陥ってしまうかも。つまりは情緒が不安定になってしまうわけだけど、これが原因で今までの友人関係に亀裂が入ってしまったり、家族関係に影響してしまう可能性も考えられるよね。

②更年期障害は加速しやすい
注意してほしいのが、一旦更年期障害に入るとそれが加速しやすいこと。ちょっと触れたけど、ストレスも更年期障害の原因として数えられるよね。そして、更年期障害そのものがストレスになる可能性だって十分に考えられる。つまり、自分に対しての失望や絶望感がどんどん積み重なってしまい、それが更年期障害を悪化させる可能性もありえるということなんだ。これは危険な状態なので、なるべく早い段階で対策を進めておこう。

女性の更年期障害と病院での手続方法

①まずは状況を再確認
基本的に更年期障害は、産婦人科や婦人科にて診察が可能。女性の場合は女性特有のデリケートな悩みもあるので、それを解消するためにも婦人科を選ぶことは大切。また、カウンセリングでは高確率で自分の現状について質問をされるので、それに答えられるよう予め頭の中で症状を確認しておくとよいかも。

②必ずしも治療するとは限らない
直接治療する方法もあるけど、必ずしも治療するとは限らない。アドバイスを貰うだけでも症状が軽ければ対策することは可能だし、必ずしも薬を使った治療を施されるとは限らないんだね。

女性の更年期障害と病院の治療方法

①ホルモン補充療法
ある意味最もシンプルな方法がこれ。女性ホルモンが不足しているなら、それを外部から補充してしまえばよいと女性ホルモンを注入する方法だ。飲み薬などで行えるので、それほど負担にはならない方法だよ。

②生活指導
症状がまだ軽い状態なら、生活指導で済むことも。更年期障害は生活習慣の乱れが影響していることも多く、それを解消する目的で生活指導が入ってもおかしくはないよね。

③漢方薬
漢方薬も立派な更年期障害の対策の一環となる。古くから体の調子を整えてきた漢方は医師もその効果を認めるところで、じっくりと体の内側から更年期障害を改善してくれるはずだよ。ドラッグストアなどでも購入できるので、おすすめの漢方薬を聞いてもいいかもね。

女性の更年期障害と病院以外での対策とは

①サプリメント
サプリメントは薬ほど直接的な効果は期待できないけど、更年期サプリとして様々な商品が販売されている。特に女性ホルモンの代わりとなるエクオールが配合されているサプリメントは人気で、外部から女性ホルモンを補うのにピッタリな方法と言えそう。

②運動
運動はとても大切。ストレスを下げることもできるし、体力がつくので気持ちも前向きになれるよ。また、適度な運動は自律神経の乱れを解消してくれる効果も期待できるので、その意味でも運動を習慣づけたいところだよね。

③生活習慣の改善
夜遅くに毎日眠っていたり、不規則な生活を送っている方は要注意。毎日規則的な生活を送ることで、ちょっとでも更年期障害のリスクを下げておこう。

更年期障害は怖くない

更年期障害は、今までの自分との違いにショックを受けてつい深刻に受け止めてしまいがち。確かに加齢による影響は仕方ないけど、更年期はこれからの自分を受け止める準備期間でもある。老年期に入った時どれだけ元気でいられるかは、この時期の更年期障害対策にもかかっているんだね。

また、病院でも積極的に女性の更年期障害へのサポートを行っているし、決して更年期障害は怖いものではない。いずれは治るものと前向きに受け止めて、精神的にも体調的にも落ち着けるよう心がけてみよう。

-更年期障害

Copyright© 更年期サプリ【おすすめ人気ランキング2018】効果的な選び方と口コミ評判 , 2018 All Rights Reserved.