更年期の薄毛を予防するには、更年期の仕組みを知ることがとても大切になります。
更年期に入る前から髪の毛をいたわり、薄毛、抜け毛になる前に対処しておきましょう。
何事も早め早めが大切です。

更年期障害

知らなかったじゃ遅すぎる。更年期の薄毛の対策で更年期薄毛で悩まない

更新日:

最近ちょっとしたことでイライラする、何故だかわからないけど、すぐ怒りっぽくなった、など、40代をすぎると感情が抑えられないことありませんか?

女性は、卵巣機能が衰える45歳から50歳ぐらいになると、肉体的、精神的に不調な症状が現れだします。

更年期を迎えたことのサインには生理不順がありますが、更年期の女性の悩みで多いのに、髪の毛が減ってくる薄毛の悩みも多くなります。

日々の生活習慣を見直し、サプリメントなどのセルフケアを取り入れ、毎日を元気に過ごしたいものです。

女性も薄毛になる、更年期の薄毛の特徴、症状

更年期を代表する身体の不調には、ホットフラッシュ発汗、イライラが代表的な症状ですが、薄毛も女性の更年期の症状のひとつになります。

全体的にハリやコシがなくなり、細く弱々しくなる

女性のAGAとも言われるびまん性脱毛症で、一部分が薄くなるのではなく、全体的に薄くなります。

ボリュームがなくなる

髪が細くなるので、地肌が見えてきて、分け目が目立つようになるのが特徴です。

女性を悩ます更年期の薄毛の原因

更年期の女性の薄毛の一番の原因は、女性ホルモンが大きく関わっていますが、他にも髪の毛に与える影響があります。

女性ホルモンの減少

閉経を迎える更年期の時期は、卵巣の働きが衰え、生理を起こしているエストロゲンが急激に減っていきます。その影響で、抜け毛や薄毛になります。

環境の変化によるストレス

更年期の時期は、ちょうど、子供の自立や親の介護が重なり、ストレスを感じやすくなります。ストレスは、人の心や身体に密接に関係し、ストレスが蓄積すると、抜け毛や髪の毛のボリュームがなくなってきます。

血行不良や内臓機能の低下

更年期は、特に自律神経が狂い、血液の流れが悪くなります。血液の流れが悪くなると、髪の毛の毛細血管に栄養が行き渡らないので、髪の毛が薄くなりやすくなります。

歳を重ねると、内臓の機能が低下していきます。内臓の働きは、一見、抜け毛には関係ないと思われがちですが、内臓の働きも発毛力の大きなサポートになっています。

更年期の薄毛になる前に知りたい対策法

更年期に薄毛にならないためには、薄毛を防ぐ方法をきちんと知っておくことが大切です。
薄毛になる前に、実践して防いでおきましょう。

毎日の生活習慣を見直し整える

ダイエットや睡眠不足は、女性ホルモンのバランスを乱れさせるので、日頃から髪の毛に栄養が行き届くように規則正しい生活をしましょう

必要以上なパーマやヘアカラーをしない

オシャレに気をつかい、パーマやカラーを繰り返す人がいますが、パーマやヘアカラーは、頭皮には強いダメージがあり、長年続けていると蓄積され、更年期のには、回復する力もなくなり、薄毛が目立つようになります。
若い頃から髪と地肌はいたわってあげるようにしましょう。

更年期の薄毛には、サプリや漢方などの予防法がおすすめ

更年期の薄毛に気づいたら、サプリや漢方など、更年期障害に優れた効果がある成分を活用しましょう。

更年期障害にはエクオール

更年期障害に効果が高いと言われている成分にエクオールがあります。更年期の薄毛は、女性ホルモンが関係していて、エクオールは、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを補うことができるので、更年期の抜け毛の対策になります。

女性の抜け毛の治療は、女性薄毛専門病院に通おう!

薄毛で、病院にかかりたいと思う時、どこで受けたら良いかわからない人が多くいると思います。
一般的な病院での薄毛や抜け毛の治療は、具体的な治療がされないことがあるので、できれば女性薄毛専門病院がおすすめです。

更年期の薄毛の予防と対策まとめ

更年期に入ると、代表的なホットフラッシュや発汗などを強く意識し、髪の毛のお手入れは後回しになっていませんか。
髪の毛のお手入れをおろそかにすると、抜け毛や薄毛になり、年齢よりも老けて見られれるようになります。

普段から髪の毛に栄養を与えてあげるようにし、毎日の生活習慣を見直す事も大事になります。

いずれは誰にでも起こる更年期です。

更年期の仕組みを知って、薄毛対策を早めにはじめ、いつまでも自分らしく美しく生き生きと暮らしていってくださいね。

-更年期障害

Copyright© 更年期サプリ通販のプロ , 2018 All Rights Reserved.