更年期障害

あなたは大丈夫?更年期は夏バテになりやすくなるんです!

投稿日:

更年期になると、様々な症状が起こってきますよね。
夏バテも、そのひとつです。
夏バテは更年期に関係なく、誰にでも起こりうるものですが、更年期の女性は特に夏バテのリスクが高くなる傾向があります。
何故このようなことになってしまうのか、また予防策などがあれば、症状を和らげるためにも実践していきたいですよね。
そこで、更年期中に起こる夏バテの原因や解決策など、役立つ情報をまとめてみました。
夏バテに打ち勝つヒントが見つかるかもしれませんよ。

■更年期の夏バテってどんな感じ?
①とにかくだるくなる
更年期の女性は、日頃から体調の不調を抱えがちですが、それに夏バテが加わると、いつも以上に疲労感が増してしまいます。
その結果、家事などで家の中を動き回るものしんどく感じたり、すべてのことに無気力になることもあります。
②夏バテが、さらに更年期の症状を強めてしまう
更年期が引き金となり、夏バテが起こりやすくなることもありますが、反対に夏バテが更年期に悪影響を及ぼすことも。
そうなると、夏が来る前はそれほど更年期の症状はひどくなかったのに、夏になり暑い日が続くようになってから、頭痛や胃腸の不調などの症状が強くなることがあります。症状の表れ方には個人差があるので、メンタル面のみの症状が出る可能性もゼロではありません。

■どうして更年期は夏バテのリスクが高まるの?
①もともと自律神経が乱れているから
自律神経は、交感神経と副交感神経の2つから成り立っており、この2つのバランスがうまく保たれていることで、私たちは元気に過ごすことができます。
ですが、更年期の不快な症状は、この自律神経の乱れによって起こっており、体は非常にデリケートな状態になっています。
夏バテは、自律神経がうまく機能せず、体温調整が難しくなることで起こるので、日頃から自律神経が弱っている更年期の女性は、夏バテになりやすいのです。
②睡眠不足
更年期になると、心身の不調から、質の良い睡眠をとれていない女性も少なくありません。
睡眠不足に陥ると、脳や体がうまくメンテナンスを行えなくなるため、体力が低下し、夏バテが起こりやすくなります。

■更年期の夏バテを予防するには?
①水分補給をしっかり行う
きちんと水分を摂っているつもりでも、気温が高いと体内の水分は想像以上に体の外へと出て行ってしまいます。
脱水気味になると、それだけで体もだるくなってしまうので、まずは水分をこまめに補給し、夏バテに負けない、体の基礎を作っていきましょう。
②エアコンを上手に使う
夏バテを防ぐには、とにかく涼しければいいのでは?と思われるかもしれませんね。
ですが、体の冷やしすぎも負担になるので禁物です。
エアコンは、外の温度よりマイナス5~6℃ほどの温度に設定するといいといわれています。
ですが、地域によっては40℃近くまで上がるところもあるので、その時の状況に合わせて、適度な温度調整を心がけましょう。

■更年期の夏バテをなんとかしたい!その方法は?
①サプリメント
手軽に対策をしたいという時には、更年期サプリがおすすめ。
更年期の症状にアプローチできる成分が配合されているので、結果的に夏バテにもなりにくくなる効果が期待できます。
さらに、すっぽんやにんにくなどの、スタミナが付くサプリをプラスするのもいいでしょう。
②漢方
漢方も、症状に合わせて選ぶことができます。
更年期向けのもの、夏バテそのものに効果を発揮してくれるものなど様々です。
③医療機関で治療する
更年期による夏バテを解消するには、やはり根本的な原因となっている、更年期をきちんと治療する必要があります。
よく行われている治療法にはホルモン補充療法があり、更年期の女性が不足しているエストロゲンを補うことができます。

■更年期をしっかり治すことが、夏バテを防ぐ近道に!
更年期の症状に加え、夏バテまで…となるとしんどいですよね。
不快な症状が更年期によるものなのか、夏バテによるものなのか、分からなくなっている人もいるのではないでしょうか。
水分補給をこまめに行ったり、エアコンをうまく活用することである程度の対策はできますが、やはり夏バテを本気でなんとかしたいのであれば、サプリや漢方、医療機関の力を借りて、更年期そのものを軽くしていく必要があります。
もちろん、バランスのとれた食事を意識することも、更年期や夏バテ対策において大切です。
まずは日頃の生活を見直すことから始めて、「体にやさしい生活」を心がけるようにしてみてください。

-更年期障害

Copyright© 更年期サプリ通販のプロ , 2018 All Rights Reserved.