更年期障害

更年期に起こりがちな体調不良、どうやったら改善できるの?

投稿日:

■はじめに
更年期は、女性ホルモンが減っていろいろと症状がでてしまうということは知識としてわかっていても、どうにかならないかなと思われている方も多いのではないでしょうか。
今回は、更年期に起こる病気や体調不良、どうすれば緩和できるのかについてご紹介します。

■更年期にはなぜ女性ホルモンが減りやすくなってしまうの?

①加齢による機能低下
人によっても違いますが、一般的に更年期と呼ばれる40代あたりから50代前後になると、加齢のせいで卵巣の生殖機能などが徐々に低下していきます。
それに伴い、女性ホルモンも減りやすくなってしまいます。

②エストロゲンのレベルが低下
更年期になってくると、エストロゲンのレベルが次第に減少していきます。
月経が完全に停止してしまう「閉経」と呼ばれる年齢には、急激な低下がみられます。
このことによって、女性ホルモンが減ってきます。

■更年期の女性でも女性ホルモンを増やすことができるの?

では、更年期になるともうあきらめるしかないのでしょうか?
そんなことはありません。生活習慣などを改めれば改善する可能性はあります。次にご紹介します。

①バランスのとれた食事をする
更年期障害は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ってしまうことによっておこるといわれていますが、食事の栄養バランスを考えることによって、エストロゲンが減るのを防ぐことができます。
特に、肉や魚に含まれる動物性のタンパク質および豆腐や豆乳などにもふくまれている植物性のタンパク質はエストロゲンを増やす働きをしてくれます。
月経の際に失われる、鉄分なども意識してとるようにしたいものです。

②ストレス解消をし、生活習慣に気を配る
更年期にかかってくると、働く女性は仕事で責任のある立場になったり、子供さんがいるかたは受験などもあったり、親御さんの介護などもあったりなど強いストレスがかかる時期と重なってくるというかたも多いのではないでしょうか。
そのようにストレスいっぱいの生活をしていると女性ホルモンも分泌が少なくなってしまいます。
適度に運動し、ストレスを解消して、しっかり眠るなど生活習慣に気を配りましょう。

③恋をする
恋する乙女は美しくなるなどとも言いますが、実際に友達などでも恋をして彼氏がいる人、旦那様がいるような人はいつまでも若々しく綺麗なことはありませんか。
誰か好きな人ができたり、好きな人のそばにいることによって、ドキドキしますから、「ドーパミン」や「セロトニン」とよばれるホルモンが分泌されます。
これらのホルモンが分泌されると、「エストロゲン」の分泌も活発になってくるというわけなのです。
恋をするとお肌や髪などもすべすべツヤツヤして、ますますモテるようになる人もいます。
恋をすれば、たとえ更年期でも女性ホルモンは増やせます。
実際に恋をする相手がいないというかたは、好きな俳優さんや歌手などを思い浮かべたりしてドキドキするのも効果的です。

■更年期の女性は、女性ホルモンが減ってしまうとどうなるの?
では、更年期になり、女性ホルモンが減ってしまった場合にどのような症状がでてしまうのでしょうか。

①精神神経系の症状
まずは、多くの女性にみられる症状として精神神経系の症状があります。
たとえば、めまいや耳鳴り、頭痛、ちょっとした物忘れや、うつっぽくなる状態になってしまったり、なんとなく不安だったり、眠れなくなったりします。

②血管系の症状
急にかーっとのぼせたり、ほてったり、汗が出たと思えば、体の一部は冷えたりすることがあります。動悸や息切れなどがおこることもあります。

③泌尿器系、生殖器系の症状
月経周期の異常や尿もれ、頻尿などがおこることもあります。

④運動器官の症状
個人差はありますが、肩こりや腰痛、関節痛などの運動器官の症状が出ることもあります。

■更年期の女性が効果的に女性ホルモンを増やすには?
さきほどは女性ホルモンを自分で気を付けて増やす方法についてご紹介しましたが、次にサプリや漢方、および病院での治療などで女性ホルモンを増やす方法をご紹介します。

①サプリメントで増やす
「エクオール」など、女性ホルモン様作用が認められているサプリメントをとることによって、女性ホルモンを増やすことができます。

②漢方で増やす
漢方でも、女性ホルモンをサポートできるものがあります。個人によって証というものが違うので、病院や漢方薬局などでみてもらいましょう。

③病院治療で増やす
ホルモン補充療法などによって、女性ホルモンを増やすことができます。

■更年期を乗り切るために
このように、辛い更年期症状を乗り切るためには、生活習慣に気を付けたり、ストレスを解消したりするなど自分でできること、病院などでみてもらって漢方薬やホルモン補充療法などをして対策をすることなどいろいろとあります。
更年期障害は症状にもどうしても個人差があるため、どうしてもつらい時には自己判断をせずに医療機関に相談することをおススメします。

-更年期障害

Copyright© 更年期サプリ【おすすめ人気ランキング2018】効果的な選び方と口コミ評判 , 2018 All Rights Reserved.